退職代行 後悔

退職代行を使って辞めたが、後悔している。

 

 

そんな声を聞くこともあります。いったいどんな後悔があるのか、調べてみました。

 

 

 

退職代行で後悔 その1

 

退職代行 後悔で多いのが、退職代行サービスでできることとできないことがあるのを見落としていた、または、ホームページなどにはっきりとそのことが書かれていなかったために起こるものです。

 

退職代行サービスは、基本的に依頼者の退職の意向を職場へ伝え、それに対する職場の返答を依頼者に伝えるという伝言や、退職届の提出や制服などの貸与品の返却を代行するというのが主な業務になっています。

 

一方で、未払いの賃金や残業代の請求や、有給休暇の消化など「交渉」が発生する業務はできません。これらの交渉を報酬を得る目的で行うことは弁護士のみに認められている行為のため、それ以外の者が行うと、非弁行為として法律違反になってしまうからです。

 

 

退職にあたって交渉事が発生しそうな場合は、弁護士が運営している退職代行サービスをりようするのがよいでしょう。

 

料金は民間企業の運営する退職代行サービスよりは高めに設定されていますが、未払い賃金についての交渉や退職日、有給休暇消化の調整などの交渉事が非弁行為にならずにやってもらうことができます。

 

また、退職にあたって会社から損害賠償請求された場合などにもスムーズに対応してもらうことが可能になります。

 

 

特におすすめの弁護士運営退職代行サービスはこちらです。

 

 

 

 

 

退職代行で後悔 その2

 

退職代行 後悔のよくある例としては、他に、辞めるまでにおもったよりも時間がかかってしまうということがあります。

 

これは、退職代行サービスが依頼者の代理人でしかなく、退職の詳細になると、退職代行業者を通じて伝言ゲームのような形になってしまうことも少なくないことから生じる後悔と言えるでしょう。

 

即日対応を謳っている退職代行サービスは多いですが、即日対応=即日退職でないことに注意が必要です。

 

 

こんなときにも、「交渉」が行える弁護士運営の退職代行サービスは強いですね。勤め先によっては、弁護士と聞いただけで慰留を諦めてしまうところもあるくらいです。
有給休暇の消化を使って、実質的に即日退職を勝ち取ってくれる場合も少なくありません。

 

 

 

 

退職代行で後悔 その3

 

退職代行 後悔としてよく聞かれるのが、退職代行サービスの内容としては申し分なかったが、金額が高かったのではないかということです。

 

退職代行を利用するときは、かなり切羽詰まった状況の方も多く、退職代行 金額を比較して検討する余裕のないことがあります。しかし、退職代行がうまく効果を発揮して、職場を辞めることができた後、調べてみると、自分の利用したサービスが他と比較して金額的に高いものであったということが判明することはよくあるようです。

 

退職代行は主に、弁護士が運営するもの、労働組合が運営するもの、一般企業や個人が運営するものの3種類に大別されます。弁護士が運営するものは高額なことが多いですが、その代わり訴訟などになった場合にも対応できる幅の広さがあります。
事前によく調べて、自分に必要なサービスはどのサービスなのか、受けられる内容に比較して料金が高すぎるということはないかを確認しておきましょう。

 

このサイトでも、退職代行 金額のページで主なサービスの金額について調べた結果を掲載していますので参考にしてみてください。

 

 

 

 

退職代行で後悔 その4

 

退職代行 後悔の例としては他に、残業代や退職金についての交渉をしてもらえなかった、というものがあります。

 

これは少しカラクリがあり、一般企業や個人が運営するサービスでは、残業代や退職金についての交渉が行えない(交渉をしてしまうと非弁行為という違法行為にあたってしまう)のです。

 

ですから、何かしらの交渉が必要になると思われるケースでは、弁護士運営の退職代行サービスを利用するのが得策と言えます。弁護士であれば、退職にあたって交渉が必要になった場合でも、問題なく依頼人の代理人として交渉にあたることができます。

 

おすすめの退職代行サービスはこちらです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。退職代行 後悔する人は少なくありません。利用前によく検討し、無料相談があるサービスなら無料相談を十分に利用して、納得した上で利用するようにしたいものです。

 

このサイトでおすすめのサービスとしては弁護士法人みやびの退職代行サービスがあります。弁護士運営の退職代行サービスなので、金額はかなり高めではありますが、退職にあたってトラブルが発生したとしても、安心して任せていられる信頼感抜群のサービスです。

 

未払い賃金がある、退職金が出るか不安、有給休暇を消化して辞めたいなど、退職にあたって会社と交渉する必要がありそうなケースでは、どんどん使っていきたい退職代行サービスといえるでしょう。

 

page top